施設情報

Facility information

GLP 厚木Ⅱ

  • 関東
  • 募集中物件
所在
神奈川県愛甲郡愛川町中津字桜臺4022-2
敷地面積
38,215㎡ (11,560坪)
延床面積
89,242㎡ (26,996坪)
建物構造
プレキャストコンクリート造?免震構造 / 地上6階建
竣工
2016年6月
認証取得
CASBEE(新築)認証
入居可能時期
2022年7月予定
募集面積
倉庫3,417~7,441坪、事務所159坪

立地特性

立地メリット
都心部から約40km、橫浜から約20kmの距離にあり、多數の工場?倉庫が集積し、製造業?運送業の要衝の地である神奈川県內陸工業団地內に所在。また、圏央道の「相模原愛川IC」から2.7 kmに位置し、東名高速道路及び中央自動車道へのアクセスも至便であり、東京?神奈川エリアへの配送拠點に加え、名古屋や大阪に及ぶ広域配送拠點としても活用可能。
最寄ICと距離
圏央道「相模原愛川」ICより約2.7km  東名高速道路「厚木」ICより約12km
最寄駅と距離
JR相模線「原當麻」駅より約4.0km 、小田急小田原線「本厚木」?「海老名」駅よりバス便あり

物件の特徴

「GLP 厚木Ⅱ」は地上6階建て、延床面積89,242㎡の規模のマルチテナント型の先進的物流施設。平均フロア面積約13,000㎡のシングル?ランプウェイで、PC免震構造、バックアップ電源設備、及び全館LED照明を採用。トラックバース數は、10t車で111臺、4t車で166臺。

災害時における事業継続性(BCP)の確保

GLPは、施設計畫?運営管理において高度な事業継続対策を取り入れることに注力しております。「GLP 厚木Ⅱ」では、次のような取り組みにより、お客様の事業継続性を確保するとともに、社會インフラである物流機能が災害時の復舊?復興でも重要な役割を擔えるよう、対策を施しています。

大地震でも建物の安全性を確保する免震構造の採用
停電時でも、防災センター、事務所(一部)の照明、コンセントの利用を可能にし、全館セキュリティー機能を確保するバックアップ電源設備の採用

環境に配慮した施設計畫

GLPは、環境に配慮したサステナブルな施設づくりに力を入れており、「GLP 厚木Ⅱ」では次のような取り組みを実施しています。

全館LED照明を設置し、電力の消費を約50%削減(一般蛍光燈比)
約1397KWの太陽光発電パネルを設置
免震構造とプレキャストコンクリートの採用により、建設工事の合理化と長壽命化が可能となり、ライフサイクルCO2を約12%削減
CASBEE(建築環境総合性能評価システム)神奈川県の「A」ランクを取得

施設サービスについてはこちら

PAGE TOP

Contact

施設や入居についてのご相談、日本GLPへの用地のご紹介に関するお問い合わせなどを以下のフォームよりお受けしております。

成人午夜福利视频免费网页